fc2ブログ

「帆人の古代史メモ114」の図7の修正

 ライブドアブログ「帆人の古代史メモ」に「114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」の図7を修正しました。http://blog.livedoor.jp/hohito
倭語論・倭人ルーツ論に関わる重要な論点の図7の古日本語の「あ、い、う、いえ、いお」5母音が、琉球では「あ、い、う、い、う」、本土では「あ、い、う、え、お」になったとした図の最後の文字などが、コピーの際に欠けていました。ワード図のコピー作業は油断できません。
 これまで、琉球弁は本土弁が変化した方言とされてきましたが、私は共通の古日本語から、琉球弁と本土弁に分かれたと考えてきており、今回、チベット東部からきたとされる雲南省などの「イ(夷・倭)族」が「a、 i、 u、 e、ie、 o、uo」母音であることに気付き、雲南の「イ(夷・倭)族」と日本列島の「委奴族・倭族」が共通のルーツを持つことに確信を持っています。
 
<元図>
図7 「あいういう」5母音

<修正図>
図7 3母音・5母音

 本ブログの古事記論としても、古事記に書かれたスサノオ5代目の淤美豆奴(おみずぬ)は『出雲国風土記』では八束水臣津野(やつかみずおみつの)と書かれ、「奴(ぬ)=野(の)」であり、神魂神社(かもすじんじゃ)や神魂命(かもすのみこと:出雲国風土記)、「神主(かむぬし:記紀)」や「神倭伊波礼毘古(かむやまといわれびこ:古事記)」などから「神(かみ=かも=かも)」であるなど、古日本語の母音を伝えていることに注目し、「呉音漢語・漢音漢語による古事記分析」から「倭音倭語による古事記分析」への転換を図りたいと考えます。―はてなブログ「縄文ノート37 『神』についての考察」、Gooブログ「倭語論15 古日本語は『3母音』か『5母音』」か?」(200216)参照

奴国
スポンサーサイト



tag : #倭語論#倭人ルーツ論#古日本語#琉球弁#本土弁#呉音漢語・漢音漢語#倭音倭語#古事記#出雲国風土記

「帆人の古代史メモ114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」の紹介

 ライブドアブログ「帆人の古代史メモ」に「114 『和をもって貴し』は『倭をもって貴し』である」をアップしました。http://blog.livedoor.jp/hohito
 聖徳太子についての各説を極論的にまとめると、右派は「日出処天子致書日沒処天子」と「新羅侵攻」に着目して独立・武闘派であると主張し、左派リベラルは反天皇制から「聖徳太子架空説」を唱えるか、「和を以て貴しとなす」から現憲法9条などに繋がる協調・和平派ととらえ、あるいは人道的な立場から仏教思想を広めた「聖王」とみるなどの大きな相違が見られます。
 このような分岐は、ロシアのウクライナ侵略がおこり、米中両覇権国に挟まれた現在のわが国の政治的・軍事的な立ち位置にも密接に関わるテーマでもあり、私は歴史的な分析として、聖徳大王(おおきみ)は若き独立・武闘派から、スサノオ・大国主建国からの「倭国(わのくに)」「美和国(みわのくに)」「大和国(おおわのくに)」の伝統を引き継ぎ、隋と対等に渡りあう駆け引きのできる和戦両様の協調・和平派の成熟した政治家へと変貌を遂げた、と考えます。
私は磯田道史氏のように、歴史解釈では「もし~」を含めて検討することこそが重要と考えますが、「もしも聖徳太子が長寿な聖徳天皇であったら」と考えざるをえません。そうすると蘇我入鹿殺害、中大兄皇子の百済出兵と白村江での新羅・隋連合軍への大敗北、大海人皇子(天武天皇)への政権移動があったかどうか、気になりませんか? 是非、皆さんもシミュレーションしてみて頂きたいと考えます。
本ブログの「古事記論」としても、出雲スサノオ家(大国主一族)と美和スサノオ家(大年=大物主一族)の大国主・大物主連合(私は大和国と考えています)による建国の後、「倭国大乱」で筑紫大国主王朝が分離しますが、それらと美和王朝を乗っ取った山人(やまと)族の天皇家がどのような政治的対立関係にあったか、隋の全国統一と三韓との関係と合わせて、聖徳太子(聖徳大王)の「和をもって貴しとなす」や卑弥呼(霊御子)の女王国の伝統を受け継いだ女帝・推古天皇の即位について考えてみていだければと思います。 雛元昌弘

□参考□
<本>

 ・『スサノオ・大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)
 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)
<雑誌掲載文>
 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ・大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)
 2014夏「古事記・播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)
 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)
 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)
 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)
 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)
 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)
 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)
<ブログ>
  ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina
  ヒナフキンの縄文ノート https://hinafkin.hatenablog.com/
  帆人の古代史メモ    http://blog.livedoor.jp/hohito/
  邪馬台国探偵団   http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/
  霊(ひ)の国の古事記論 http://hinakoku.blog100.fc2.com/
s-1天皇制以前の聖徳太子
表1 聖人化・怨霊説
表3 半沢説
表2 非天皇論・聖人化論・推古天皇論
表4 聖徳太子名記録
図1 国名の変更
表6 憲法17条
表5 聖徳太子年表
表7 17条憲法の1・10・17条
図3 筑紫の女王国
図4 米鉄交易の3ルート
表8 4人の女王と筑紫
表9 三輪山・穴師山祭祀
表10 委・倭等の読み
図5 纏向施設配置
図7 「あいういう」5母音
図6 Y染色体D型の移動
図10・11 もち・ソバ文化
図8・9 イネの道
図12 ピー信仰の分布
図14 ドラヴィダ海人・山人族
図13 烏帽子

tag : #和を以て貴し#聖徳太子#言向和平#推古天皇#蘇我馬子#新羅侵攻#イ(夷・倭)族#委奴国#倭国#和国(わのくに)

「神話探偵団139 史聖・太安万侶の古事記からの建国史」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート」に「神話探偵団139 史聖・太安万侶の古事記からの建国史」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina
 私のスサノオ・大国主建国論は、古事記(ふるのことふみ)を中心に置き、日本書紀・風土記・万葉集、魏書東夷伝倭人条・後漢書・三国史記新羅本紀などの文献、神社伝承や民間伝承、地名、物証(農耕痕跡・石器・玉器・青銅器・墓等)などを総合的に検討してきましたから、古事記の評価が何よりも重要となります。
 これまで「古事記偽書説」「記紀神話8世紀創作説」「太安万侶非実在説」など、シュリーマン以前の19世紀のヘーゲル左派の「キリスト神話説」「キリスト非実在説」に倣った「日本神話否定史観」に対し、私は太安万侶こそが日本の「史聖」であり、古事記こそが「日本最初の根本史書」であると考えています。
 「スサノオ・大国主建国論と天皇家建国論の2層構造」の古事記と、「ドキュメンタリー・ミステリー・ファンタジー3表現」で書き上げた太安万侶の復権と名誉回復を図っておきたいと考えました。
 本ブログの「古事記論」としても、津田史観から離れ、スサノオ・大国主建国論と天皇家建国論を繋ぐ鍵となる古事記を「ドキュメンタリー・ミステリー・ファンタジー3表現」として分析する参考にしていだければと思います。 雛元昌弘

太安万侶
津田・井上本
太安万侶墓と墓誌
荒神谷・加茂岩倉
図1・2 丸ノミ石斧・曽畑式土器
阿多都比売
図3・4 水平・垂直構造
表1 始祖神
4聖人
表3 2種類の弓矢
表2 4人の御子
図5 4人のアマテル
図6 本辞から古事記へ
図7 2層・3表現

「NoWar45 元寇(蒙古襲来)とウクライナ」の紹介

 楽天ブログ「NoWar2022」に「45 元寇(蒙古襲来)とウクライナ」をアップしました。https://plaza.rakuten.co.jp/nowar2022/
 プーツァーリ・プーターリンのロシア帝国のウクライナ侵攻に対し、「ロシアとウクライナはもともと同一民族」「ウクライナは和平(降伏)を選ぶべきであった」などの意見が見られますが、日本の3つの侵略戦争と元寇(蒙古襲来)の歴史から、モンゴルの攻撃・支配を受けた歴史を持つウクライナの戦争を考えてみましたので紹介します。
 本ブログの「古事記論」とは直接は関係しませんが、世界史と日本史の繋がりを考える参考にしていだければと思います。 雛元昌弘

図38 3つの侵略戦争
徳島白菊隊
鳥飼潟の戦い
御厨海上合戦
クビライ・カアン
中国国恥地図
モンゴル帝国の拡大

tag : #元寇(蒙古襲来)#ウクライナ#神風#文永の役・弘安の役#元・高麗軍#元・江南軍#クビライ・カアン(フビライ汗)#中国国恥地図#モンゴル・明・清帝国

「縄文ノート146 日本人似の外国人」の紹介

続きを読む

プロフィール

hinafkinn

Author:hinafkinn
雛元昌弘(ペンネーム:日向勤)
まちづくりプランナーとして、各地で仕事をするうちに、青森県東北町で「日本中央」の石碑に出会い、古代史へ。現在は、神話時代のスサノオ・大国主建国論を中心にしながら、縄文、日本民族起源論へと古代史を探究中。

著書:『スサノオ・大国主の日国 霊の国の古代史』(梓書院:日向勤)
  :『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本:雛元版)
ブログ:「ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート(旧:神話探偵団)」(goo)、「ヒナフキンの邪馬台国ノート(旧:邪馬台国探偵団)」(Seesaa)、「ヒナフキンの縄文ノート」(はてな)、「帆人の古代史メモ」(livedoor)
転用:引用以外の写真・図表等は出典明記の上、ご自由に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4022位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
404位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード