fc2ブログ

「縄文ノート190 サピエンス納豆からの『宗教・文化・文明アフリカ単一起源説』」の紹介

 はてなブログに「縄文ノート190 サピエンス納豆からの『宗教・文化・文明アフリカ単一起源説』」をアップしましたので紹介します。https://hinafkin.hatenablog.com/
 DNA分析の進化により、人類の「アフリカ単一起源説」が定説となり、「多地域進化説」は成立しなくなりました。
 私は同じように、人類の基本的な宗教・文化・文明などもまた西アフリカから人類大移動とともに世界に拡散したという「宗教・文化・文明アフリカ単一起源説」を考えてきました。そのきっかけは、次女が青年海外協力隊員として赴任していたニジェールのニジェール川流域がヒョウタン原産地で米を栽培しており、若狭の鳥浜貝塚遺跡でヒョウタンと北アフリカ原産のウリ、インド原産のリョクトウ、南・東南アジアのシソ・エゴマが発見されていることを知ってからでした。
図1 ヒョウタン

 そこから、Y染色体DNA、「主語-目的語-動詞(SOV)」言語、熱帯雨林での糖質・DHA食(イモマメ穀類・魚介食)と母子おしゃべり(言語発達)からのサルからヒトへの進化、マザーイネ(米・麦・トウモロコシ・雑穀の祖先)の発生地、米食、モチモチ・ネバネバ食(いももちなど)、魂魄分離(魂と肉体の分離)の神山天神信仰(ピラミッドを含む)、黒曜石文化、円形住宅やウッド・ストーンサークル、母系制社会などのルーツを探究し、アフリカから人類拡散とともに世界に広まったと考えるに至りました。
表1 宗教・文化・文明アフリカ単一起源説

 なんと、さらに衝撃的であったのは納豆食文化もまた同じ西アフリカの可能性が高いことを高野秀行氏の『幻のアフリカ納豆を追え!―そして現れた「サピエンス納豆」』(2020年8月:新潮社)で教えられました。氏の素晴らしい労作『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(2016年4月)はたまたま与野図書館の食の企画展で目に入り1か月前に読んでいたのですが、さらにアフリカにまで取材を広げていたのです。
納豆・高野秀行

  「餅団子(研究者の人たちは『練り粥』と呼ぶ)を主食とする地域は納豆をソースの調味料として使うが、米食地域ではもっとバリエーションに富んでいる」「セネガルでは・・・『米+魚+納豆』という日本人にひじょうに馴染みのあるセットになっているのだ」「西アフリカでは粘り気のある野菜を多用する・・・オクラ・ハイビスカス(ローゼル)の葉、モロヘイヤなど、煮込めばみんなネバネバである」というのであり、「縄文ノート142 もち食のルーツは西アフリカ」を書き、モチモチ・ネバネバ食が大好きな私としては大いに納得しました。
アジア・アフリカ納豆地帯
アフリカ納豆

 Y染色体D型人はこの地のE型人と分かれる前に、同じモチモチ・ネバネバ食文化を持っていた可能性が高いのです。
 本ブログの「古事記論」としても、縄文文化・文明論に遡って世界史の中に八百万神神道やスサノオ・大国主建国などを位置づけ、世界遺産登録を目指すべきではないでしょうか?
 若い世代のみなさんの研究に期待したいと思います。 雛元昌弘

図2 Y染色体亜型
図3 Y染色体系統図
図4 Y染色体D・E型
図5 「主語-目的語-動詞」言語の分布
図6~9 脳の発達とDHA
ボノボとプハンセ
9万年まえの銛
図10 マザーイネ
ニジェール川での米魚食
いももち
図11 もち米、納豆
図13 世界の神山と文明
図14 世界の神山とピラミッド型神殿
図15 世界の黒曜石産地と神名火山(神那霊山)
図16 エチオピア・ケニア・タンザニアの黒曜石
ヌンとイナンナ
図19 アフリカ製鉄と女鍛冶師
スポンサーサイト



tag : #アジア納豆・アフリカ納豆#高野秀行#宗教・文化・文明アフリカ単一起源説#ヒョウタン原産地西アフリカ説人類西アフリカ熱帯雨林起源説#言語西アフリカ起源説#糖質・DHA食西アフリカ熱帯雨林起源説#マザーイネ西アフリカ起源説#モチモチ・ネバネバ食西アフリカ起源説

「スサノオ・大国主ノート1151 鉄刀・鉄剣からみた建国史―アフリカ・インド鉄と新羅鉄・阿曽鉄、草薙大刀・草薙剣・蛇行剣」の紹介

 Gooブログ「ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート」に「スサノオ・大国主ノート151 鉄刀・鉄剣からみた建国史―アフリカ・インド鉄と新羅鉄・阿曽鉄、草薙大刀・草薙剣・蛇行剣」をアップしました。https://blog.goo.ne.jp/konanhina
 先日、スサノオ・イナダヒメらを祀る須我神社のある島根県雲南市大東町出身の起業家・細貝和則氏と歓談する機会があり、TBS「ワールドビジネスサテライト」のトレたま(トレンドたまご)の年間大賞を受賞したライティングシート(画鋲やテープを使用せず静電気で貼りつける持ち運び容易なホワイトボード代わりのシート)などの発明・事業展開・Uターン起業化の話を聞きました。私からは「トレたま」で放送されたものの売れなかった世界初の折り畳み式の小型ヨット・ランブラーの事業化の失敗談や、八百万神信仰のスサノオ・大国主建国、出雲大社復元案、たたら製鉄などを話し、盛り上がりました。。
 氏の出身地の大東町がかつては日本のモリブデンの主産地であったという重要な話を聞きましたのでモリブデン鋼製鉄の可能性、ヤマタノオロチの草薙大刀(くさなぎのおおたち)と天皇家の「三種の神器」の草薙剣(くさなぎのつるぎ)の関係、オロチ王を切ったスサノオの十拳剣(とつかのつるぎ)と石上神宮の約120㎝の大刀・約85㎝の剣の関係、アフリカの製鉄女神とたたら製鉄の女神・金屋子神の関係、吉備の温羅の妻・阿曽姫ゆかりの阿曽地区製鉄と阿蘇リモナイト鉄の関係、八岐大蛇と蛇行剣、インド・東南アジアの7つ頭のナーガ蛇神・八大竜王の関係などについて考えてみました。
 本ブログの「古事記論」としても、スサノオがアマテルに与えたヤマタノオロチの草薙大刀とアマテルが薩摩半島南西端の笠沙・阿多へ天下りするニニギに与えた草那芸剣、さらには熱田神宮に保管されている「三種の神器」の銅剣・草薙剣の関係など、古代においても「鉄は国家なり」といえる古代製鉄史について検討する参考にしていただければと思います。雛元昌弘


□参考□
<本>

 ・『スサノオ・大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)
 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)
<雑誌掲載文>
 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ・大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)
 2014夏「古事記・播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)
 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)
 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)
 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(前同42号)
 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(前同43号)
 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)
 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)
<ブログ>
  ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina
  帆人の古代史メモ          http://blog.livedoor.jp/hohito/
  ヒナフキンの邪馬台国ノー      http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/
  霊(ひ)の国の古事記論       http://hinakoku.blog100.fc2.com/
  ヒナフキンの縄文ノート       https://hinafkin.hatenablog.com/
ダマスカス鋼
八雲肌
図1 アフリカ鉄
図2 金屋子神
表1 ヤマタノオロチ、スサノオ、ニニギの刀剣
金屋子神の掛軸
表2 三種の神器
図3 記紀神話の3層構造
石上神宮の鉄刀コピー
石上布都魂神社案内板
神原神社古墳の刀剣と三角縁神獣協
石上神宮の3本の刀剣
表3 石上神宮の3本の刀剣
図4 九州の女王国
図5 阿曽・曽・隈・熊曽地名
図7 蛇行剣の分布
図6 阿蘇ピンク石
富雄丸山古墳の蛇行剣
ナーガ像とクリス短剣
表4 金属関係単語のルーツ

tag : #モリブデン鋼・バナジウム鋼#オロチの草薙大刀と天皇家の草薙剣#たたら製鉄女神・金屋子神#アフリカ・インド鉄と新羅鉄・阿曽鉄#スサノオの十拳剣と布都御魂剣#ブルファナキャソ古代製鉄遺跡群#石上布都魂神社・石上神宮#阿曽鉄と蛇行剣#阿曽媛の製鉄遺跡#三種の神器

「縄文ノート189 ハラリ氏の新たな嘘話『サピエンス全史』を批判する(加筆修正版)」の紹介

 はてなブログに「縄文ノート189 ハラリ氏の新たな嘘話『サピエンス全史』を批判する(加筆修正版)」をアップしましたので紹介します。https://hinafkin.hatenablog.com/
 「188 ハラリ氏の嘘話『サピエンス全史』批判」は口頭での報告用レジュメでわかりにくいので、読者向けに文章や図表を整理して加筆・修正しました。
 実は「楽天ブログ:NoWar2022」に載せるつもりでしたが、アップしようとすると即座に「本文にわいせつ、もしくは公序良俗に反すると判断された表現が含まれています」ということで掲載できませんでした。
 どうやら、「ユダヤ教シオニスト」批判をAIが「ユダヤ人差別」と判断したのではないかと思われます。そこで「はてなブログ:ヒナフキンの縄文ノート」に掲載しましたが、「ヘイトスピーチ禁止」をAIが判定する危うさを痛感しました。 雛元昌弘

帯
表1 タカ派・ハト派の進化史観
表2 肉食・狩猟・闘争・戦争文明史観
表3 生命・生活・文化文明史観
カレン・ハーディ教授
図1・2 脳のDHAとシナプス密度
図3・4 年齢別代謝率・エネルギー消費量
小川のボノボ、プハンセ(掻い出し漁)
図5 二足歩行進化説と知能発達進化説
図6 サルからヒトへの食事と知能の進化
図7 Y染色体D型とE型の拡散
9万年まえの銛
図8 人類の系統樹
図9鳥浜遺跡のヒョウタン等
図10 パンゲア大陸のイネ科穀類の起源地
表4 サルからヒトへの進化の論点
図11 SOⅤ言語族の拡散
表5 11の進化要因の従来説と筆者説
表6 人類進化のプッシュ要因説とプル要因説
表7 西欧中心史観の8つの問題点
図12・13 梅棹・川勝文明論
図14 ハラリ氏の世界征服地図
表8 人類進化の段階
妊娠女性像と女神像

tag : #ユヴァル・ノア・ハラリ#サピエンス全史#旧約聖書教#ユダヤ・キリスト・イスラム一神教#白人中心・男性中心史観#肉食・狩猟・闘争・戦争進化史観#汎民族・汎地域主義#狩猟・遊牧民族史観#世界征服史観#嘘話(フェイク)進化説

「縄文ノート188 ハラリ氏の新たな嘘話『サピエンス全史』批判」の紹介

 はてなブログに「縄文ノート188 ハラリ氏の嘘話『サピエンス全史』批判」をアップしましたので紹介します。https://hinafkin.hatenablog.com/
 3月13日、縄文社会研究会・東京の顧問・尾島俊雄早大名誉教授の研究室でユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史』などの翻訳者柴田裕之氏を招いての学習会があり、私は縄文ノート130~139の「『サピエンス全史』批判」1~5(220331~0523)のレジュメ(要約)と、182「人類進化を支えた食べもの」、186「『海人族縄文文明』の世界遺産登録へ」(231204)を報告しました。
 他民族に征服されることのなかったわが国は、新旧石器時代(日本では旧石器・縄文時代)の文化・文明が現代まで継承されており、しかも世界に類のない緻密な縄文時代研究と博物館・復元施設、市民体験活動などがあり、一神教以前の全世界の石器時代の歴史解明を先導するべき役割を担うべきと考えます。
 ユダヤ・キリスト・イスラム教などの終末思想・優生思想に基づく一神教をハラリ氏は「嘘話」とした点は高く評価しますが、ユダヤ教の征服・殺戮・奴隷化を奨励する神の代わりに、「人類は誕生した時から征服者であり殺戮者として進化してきた」という新たな嘘話を創作し、ユダヤ・シオニストの思想を世界に広めようとしています。
 今、この侵略的な白人・男性中心の「肉食・狩猟・闘争・戦争進歩史観」を批判するハト派進化説が次々と生まれてきていますが、ハラリ氏はそれらを無視し、タカ派進化説論者の旗手としてあがめられてきていますが、その先には終末の未来しかないことをウクライナ・パレスチナ戦争や地球環境悪化による異常気象・食料危機などは示しています。
図3 ハラリ氏の世界征服地図
帯

 今こそアフリカで誕生しアフリカ・アジア・南北アメリカで進化した数万年の人類史を辿り、たかだか2千数百年の西欧中心文明の先を展望してみませんか?
 本ブログの「古事記論」としても、古事記を中心に日本書紀・風土記・魏書東夷伝倭人条・三国史記新羅本紀から紀元1~4世紀の歴史を解明し、スサノオ・大国主建国史・邪馬壹国・天皇家建国史を解明すべきと考えます。「ベッドの長さ(遺跡・遺物)に合わせて旅人の足(古文書)を切ったり、叩いて伸ばしたりする」ギリシア神話の盗賊・プロクルーステースの真似をいつまで続けるべきではないでしょう。 雛元昌弘

表1 タカ派・ハト派の進化史観
図1・2 脳のDHA量、シナプス密度
表3 人類進化の2つの説
表2 進化の論点
図4・5 梅棹・川勝氏の文明地図
ライオン像・妊婦女性女神像
表4 肉食・狩猟・闘争・戦争文明史観
表5 生命・生活・文化文明史観


□参考□
<本>

 ・『スサノオ・大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)
 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)
 ・『奥の奥読み奥の細道』(アマゾンキンドル本)
<雑誌掲載文>
 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ・大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)
 2014夏「古事記・播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)
 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)
 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)
 2017冬「スサノオ・大国主建国論1 記紀に書かれた建国者」(『季刊山陰』38号)
 2018夏「スサノオ・大国主建国論2 「八百万の神々」の時代」(『季刊山陰』39号)
 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(『季刊 日本主義』42号)
 2018夏「スサノオ・大国主建国論3 航海王・スサノオ」(『季刊山陰』40号)
 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(『季刊 日本主義』43号)
 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)
 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)
<ブログ>
 ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina
 帆人の古代史メモ          http://blog.livedoor.jp/hohito/
 ヒナフキンの邪馬台国ノート      http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/
 霊(ひ)の国の古事記論       http://hinakoku.blog100.fc2.com/

tag : #ユヴァル・ノア・ハラリ#サピエンス全史#柴田裕之#ユダヤ・キリスト・イスラム一神教#白人中心・男性中心史観#肉食・狩猟・闘争・戦争進化史観#汎民族・汎地域主義#狩猟・遊牧民族史観#世界征服史観#嘘話(フェイク)進化説

「縄文ノート187 『まさひろドーイ』からの焼畑・縄文語・阿多天皇家考」の紹介

 はてなブログに「縄文ノート187 『まさひろドーイ』からの焼畑・縄文語・阿多天皇家考」をアップしましたので紹介します。https://hinafkin.hatenablog.com/
 今回は琉球泡盛の「まさひろ」を飲みながら、社員一同の瓶踊りの『まさひろドーイ』から焼畑農耕と縄文語のルーツについて考えてみました。
DSC04362s-1.jpg
まさひろド-イ

  『まさひろドーイ』の歌詞の「海人(うみんちゅ)ん 畑人(はるんちゅ)ん 踊(うどう)てぃ飲(ぬ)でぃ遊(あし)ば」でびっくりしたのは、「畑」を「はる」と読むことであり、壱岐の原の辻遺跡(はるのつじいせき)や福岡県糸島市の平原遺跡(ひらばるいせき)など、九州で「原」を「はる、ばる」と読む地名が多いことからみると、「はる(原)」=「はる(畑:火+田)」=焼畑であり、沖縄と九州がかつては焼畑の同一文化圏であった可能性を示しています。―縄文ノート「28 ドラヴィダ系海人・山人族による稲作起源論」「42 日本語起源論抜粋」「93 『かたつむり名』琉球起源説―柳田國男の『方言周圏論』批判」参照
 また、「踊(うどう)」「飲(ぬ)」「遊(あし)」と「踊(おどう)」「飲(の)」「遊(あそ)」は、元の倭音の「あいういぇうぉ」5母音が琉球弁で「あいういう」5母音に、本土弁では「あいうえお」5母音になったことを示しています。―はてなブログ・ヒナフキンの縄文ノート「97 『3母音』か『5母音』か?―古日本語考」「153 倭語(縄文語)論の整理と課題」、gooブログ・スサノオ・大国主ノート「倭語論17 『いあ、いぇ、いぉ』『うあ、うぇ、うぉ』『おあ』倭語母音論」参照

図1 母音(琉球弁と本土弁)

 薩摩半島南西端の南さつま市の栫ノ原遺跡(「かこいのはら」は元は「かこいのはる」であった可能性)は、古代には笠沙天皇家(阿多天皇家)3代の本拠地であった「阿多」に属します。
 記紀によれば、2代目の火照命(ホデリ=漁師=海幸彦=隼人)の弟の火遠理(ほをり=猟師=山幸彦=山人(やまと))は龍宮(琉球)に行って豊玉毘売(とよたまひめ)を妻とし、さらにその子の鵜葺草葺不合(うがやふきあえず)は豊玉毘売の妹の玉依毘売(たまよりひめ)に育てられて妻としています。
 その子の若御毛沼(わかみけぬ:後の神武天皇)の母と祖母は海人族・畑人族の琉球人(うちなんちゅう)、父は山人(やまと:やまとんちゅう)であり、栫ノ原遺跡をみても縄文・弥生文化は連続しているのです。

図1 栫ノ原遺跡

 本ブログの「古事記論」としても、スサノオ・大国主一族と天皇家の歴史をみても「弥生人(中国人・朝鮮人)征服史観」は成立せず、「縄文人自立・内発的発展史観」の探究を若い世代のみなさんに期待したいと思います。 雛元昌弘


□参考□
<本>

 ・『スサノオ・大国主の日国(ひなのくに)―霊(ひ)の国の古代史―』(日向勤ペンネーム)
 ・『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本)
 ・『奥の奥読み奥の細道』(アマゾンキンドル本)
<雑誌掲載文>
 2012夏「古事記」が指し示すスサノオ・大国主建国王朝(『季刊 日本主義』18号)
 2014夏「古事記・播磨国風土記が明かす『弥生史観』の虚構」(前同26号)
 2015秋「北東北縄文遺跡群にみる地母神信仰と霊信仰」(前同31号)
 2017冬「ヒョウタンが教える古代アジア”海洋民族像”」(前同40号)
 2017冬「スサノオ・大国主建国論1 記紀に書かれた建国者」(『季刊山陰』38号)
 2018夏「スサノオ・大国主建国論2 「八百万の神々」の時代」(『季刊山陰』39号)
 2018夏「言語構造から見た日本民族の起源」(『季刊 日本主義』42号)
 2018夏「スサノオ・大国主建国論3 航海王・スサノオ」(『季刊山陰』40号)
 2018秋「『龍宮』神話が示す大和政権のルーツ」(『季刊 日本主義』43号)
 2018冬「海洋交易の民として東アジアに向き合う」(前同44号)
 2019春「漂流日本」から「汎日本主義」へ(前同45号)
<ブログ>
 ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート https://blog.goo.ne.jp/konanhina
 帆人の古代史メモ          http://blog.livedoor.jp/hohito/
 ヒナフキンの邪馬台国ノート      http://yamataikokutanteidan.seesaa.net/
 霊(ひ)の国の古事記論       http://hinakoku.blog100.fc2.com/

tag : #まさひろドーイ#瓶踊り#琉球泡盛#まさひろ・海人・島唄#海人・畑人#焼畑#畑(火+田)#畑(はる)・原(はる)#あいういぇうぉ・あいういう・あいうえお#笠沙天皇家(阿多天皇家)

プロフィール

hinafkinn

Author:hinafkinn
雛元昌弘(ペンネーム:日向勤)
まちづくりプランナーとして、各地で仕事をするうちに、青森県東北町で「日本中央」の石碑に出会い、古代史へ。現在は、神話時代のスサノオ・大国主建国論を中心にしながら、縄文、日本民族起源論へと古代史を探究中。

著書:『スサノオ・大国主の日国 霊の国の古代史』(梓書院:日向勤)
  :『邪馬台国探偵団~卑弥呼の墓を掘ろう~』(アマゾンキンドル本:雛元版)
ブログ:「ヒナフキンのスサノオ・大国主ノート(旧:神話探偵団)」(goo)、「ヒナフキンの邪馬台国ノート(旧:邪馬台国探偵団)」(Seesaa)、「ヒナフキンの縄文ノート」(はてな)、「帆人の古代史メモ」(livedoor)
転用:引用以外の写真・図表等は出典明記の上、ご自由に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
265位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード